比較サイト <笠松競馬場>脱走馬の事故受け訓練…でも笑い顔? - スポーツニュース情報サイト

<笠松競馬場>脱走馬の事故受け訓練…でも笑い顔? - スポーツニュース情報サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<笠松競馬場>脱走馬の事故受け訓練…でも笑い顔?

 岐阜県笠松町の笠松競馬場から脱走した競走馬が軽乗用車と衝突し、運転手の男性(64)が死亡した事故を受け、同競馬場を運営する県地方競馬組合は15日、競走馬の脱走を想定した訓練を初めて実施した。

 騎手や調教師、厩務(きゅうむ)員ら約170人が参加。競馬場内で調教中の競走馬が暴れ、逃げ出す−−との想定で行った。馬役の組合職員が馬のかぶり物姿で駆け出すと、調教師らが非常サイレンのスイッチを押したり、「馬」に駆け寄ったりし、警備員らは出入り口の柵を閉め、行く手を阻むなどの手順を確認した。

 訓練を視察した農水省競馬監督課の山野淳一課長補佐は「訓練を重ね、しっかり対策を運用できる体制づくりが必要」と話した。しかし、訓練中に笑い顔を見せる関係者がいるなど緊張感に欠ける様子も目についた。

 同競馬場は事故後、レースを自粛していたが、警備員の増員など再発防止策が整ったとして、18日にレースを再開する。【道永竜命】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131115-00000126-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
トラックバック

http://gurume0820.blog.fc2.com/tb.php/101-f5deb09e

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © スポーツニュース情報サイト All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。