比較サイト ズキンとズキンズキン、痛みの原因違う?−約18万人に慢性痛の表現調査 - スポーツニュース情報サイト

ズキンとズキンズキン、痛みの原因違う?−約18万人に慢性痛の表現調査 - スポーツニュース情報サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ズキンとズキンズキン、痛みの原因違う?−約18万人に慢性痛の表現調査

 全国の成人男女約18万人を対象としたアンケート調査で、慢性的な痛みの様子をズキズキ、ガンガンといったオノマトペ(擬音語・擬態語)で表現すると、関節リウマチでは「ズキンズキン」、肩関節周囲炎では「ズキン」が多いなど、疾患により無意識に使い分けている傾向があることが分かった。また痛みを言葉でうまく伝えられなかった経験を持つ人は7割強に上った半面、オノマトペを使うと医療者に理解されたと思う人も多かった。こうした結果に、言語学が医療の発展に寄与する可能性を見て、いっそう研究が進展することを期待する声も出ている。【香西杏子】

 この調査では今年9月20—30日に、インターネットを通じて、▽慢性的な痛みの有無▽医療機関の受診経験▽「痛い」「つらい」といった感情をどのようにオノマトペで表現するか—などについて聞いた。調査結果(表)は19日に東京都内で開かれた「『痛み』をめぐる医療と言語研究がもたらす新たな可能性」と題したセミナー(ファイザー、エーザイ共催)で発表。出席した日大総合科学研究所の小川節郎教授は、「神経による痛みをビリビリと表現する人が多いなど、たしかに臨床現場での傾向とも一致する。(オノマトペと痛みの性質の関連性を)問診に役立つ1分野として掘り下げ、研究が進んでほしい」と評価した。
 小川教授はまた、同調査において、痛みを医療提供者にうまく伝えられなかった経験を7割強の人が持つ一方で、オノマトペを使った場合、理解してもらえたと感じる人が8割を超えた結果に注目。医療機関の受診理由は約7割が痛みであり、痛みの原因を分析することは診療そのものとした上で、「オノマトペを使うと痛みがうまく医療者に伝えられると感じる患者さんがこれほど多いことを、医療者も現場で意識し、親しみと安心感がある診療につなげたい」と、オノマトペが医療者と患者のコミュニケーションに果たす役割にも期待を寄せた。
 同じくセミナーに出席した国立国語研究所の竹田晃子特任助教は言語学の立場から、日本語は他の言語よりオノマトペが多く、特に痛みや体の調子の表す方言には多様なバリエーションがあると解説。東日本大震災の際、支援に行った医師が、当地の方言で寒気がするという意味の「ざらざらする」を皮膚の様子と間違えて誤診になった例などを挙げ、地域にあわせた方言でのオノマトペを患者と共有していく必要性をも指摘した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131120-00000003-cbn-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
トラックバック

http://gurume0820.blog.fc2.com/tb.php/111-91839fa5

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © スポーツニュース情報サイト All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。