比較サイト JR西日本 全国初、車両の「異常挙動検知システム」配備へ - スポーツニュース情報サイト

JR西日本 全国初、車両の「異常挙動検知システム」配備へ - スポーツニュース情報サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR西日本 全国初、車両の「異常挙動検知システム」配備へ

 JR西日本は20日、列車が衝突、脱線した場合などに周囲の列車を自動的に止める「異常挙動検知システム」を導入すると発表した。平成17年のJR福知山線脱線事故を受けて開発。26年春から北陸線に投入される新車両から導入し、今後10年かけて電車と気動車の全車両(約3500両)に配備する方針。全車両への導入は全国で初めて。

 JR西によると、これまでは脱線事故などが起きた場合、周囲の列車に危険を知らせる「緊急列車防護装置(TE)」を乗務員が作動させる必要があった。

 新しいシステムでは全車両に2カ所ずつ揺れの大きさなどを検知する装置を設置。事故の衝撃を感知すると自動的に「TE」を作動させるようにした。乗務員が負傷するなどして、TEを操作できないような状況でも、確実に列車を止められるのが特徴という。

 同様のシステムはJR東日本でも一部車両で導入されているが、JR西では全車両に導入することで、中間車両だけが脱線した23年5月のJR石勝線脱線火災事故(北海道)のようなケースでも、確実に列車を止め、周囲に異常を知らせることができるという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131121-00000503-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
トラックバック

http://gurume0820.blog.fc2.com/tb.php/112-fb6428f5

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © スポーツニュース情報サイト All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。