比較サイト 5千万借用証「間違いなく原本」…猪瀬知事強調 - スポーツニュース情報サイト

5千万借用証「間違いなく原本」…猪瀬知事強調 - スポーツニュース情報サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5千万借用証「間違いなく原本」…猪瀬知事強調

 「全身全霊で職務にまい進する」。東京都の猪瀬直樹知事(67)は26日の記者会見で、昨年12月の知事選前に医療グループ「徳洲会」側から5000万円を受け取った問題について謝罪する一方、辞任する考えがないことを明言した。

 会見では5000万円の「借用証」も公開したが、疑問は解消されたとは言い難い。

 ◆直筆で書き込み

 猪瀬知事が会見で示した借用証。昨年11月19日に徳田毅(たけし)衆院議員(42)から「議員会館に来てほしい」と電話があり、翌20日に5000万円を受け取った際にサインをしたと説明した。

 借用証には、日付や「徳田毅殿」という宛名が印字され、知事が直筆で金額と名前、住所を書き込んでいるが、貸主と借り主どちらの押印も、返済期限や利子についての記載もない。質疑で、本物なのかと問われると、知事は「信用していただくしかない。間違いなく原本です」と強調した。

 しかし、元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士は「多額の貸し借りなのに、あまりに大ざっぱで不自然。最近作成した疑いもぬぐえない。特捜部が徳洲会側から押収したパソコンを調べれば、議員が本当に借用証を用意したのか真偽ははっきりする」と指摘する。

 ◆個人の借金?

 猪瀬知事は借り入れの理由について「選挙後の自分の生活が不安だったから」などと、個人的な借金だと何度も繰り返した。

 だが、現金を受け取る約1週間前の11月14日に、東京・麻布の和食店で毅議員と会食した際、「選挙はお金がかかる」という話題が出ており、資金提供は出馬の正式表明前日だった。若狭弁護士は「出馬直前の資金提供が選挙のためではない、という説明は納得できない」と問題視。金銭消費貸借に詳しい弁護士も「生活費のために5000万円もの資金を無利子、無担保で借りるのは、通常の契約ではありえない」と話す。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131127-00000011-yom-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
トラックバック

http://gurume0820.blog.fc2.com/tb.php/122-93a17cee

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © スポーツニュース情報サイト All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。