比較サイト <安倍首相>「一本化急ぐ」…名護市長選、移設容認候補 - スポーツニュース情報サイト

<安倍首相>「一本化急ぐ」…名護市長選、移設容認候補 - スポーツニュース情報サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<安倍首相>「一本化急ぐ」…名護市長選、移設容認候補

 安倍晋三首相は29日、首相官邸で自民党沖縄県連の翁長政俊会長らと会談した。首相は県連が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設容認に転じたことを受け、「普天間の危険性の除去が最優先されるべきだ」と県連の公約撤回を高く評価。辺野古移設の是非が焦点となる来年1月の名護市長選で移設容認派が推す2人が立候補を表明していることについて「一本化作業を急がなければならない」と明言した。移設反対の現職との戦いを有利に進める狙いがある。(5面に関連記事)

 辺野古移設を巡っては仲井真弘多知事が政府の埋め立て申請を承認するかどうかの判断を迫られている。名護市長選で容認派が敗北すれば、仲井真氏の承認のハードルが高まることから、菅義偉官房長官は29日の記者会見で、埋め立て申請について「できる限り早く判断をいただきたい」と語った。

 仲井真氏は29日、ケネディ駐日米大使と東京都内の大使公邸で初めて会談した。沖縄県によると、仲井真氏は「沖縄は過重な基地負担を背負っている」と負担軽減の取り組みを要請。ケネディ氏は「さまざまな問題について多くの人が時間をかけて解決に努力してきた。大使として前進するよう努力したい」と語り、沖縄訪問を検討する考えを示した。【鈴木美穂】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131129-00000094-mai-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
トラックバック

http://gurume0820.blog.fc2.com/tb.php/130-69fb5cf8

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © スポーツニュース情報サイト All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。