比較サイト 仲哀天皇陵と“誤認”されたこの地の「理由」 - スポーツニュース情報サイト

仲哀天皇陵と“誤認”されたこの地の「理由」 - スポーツニュース情報サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仲哀天皇陵と“誤認”されたこの地の「理由」

 円形広場のまえで、しばらく立ちつくした。中央に高さ5メートルほどの巨大な石柱が2本ならんで立っている。石柱の手前には「天の北極(北極星の方向)」と刻まれた石標があった。

 この石柱を中心に、そのまわりを12本のややこぶりの石柱がサークル状にかこんでいる。上には馬や羊、猿、猪、兎など、十二支の動物たちの像が載っていた。

 広場のわきには、長々とした説明板が掲げられていた。制作意図や解説などが書かれていたが、道教か風水などに基づく方位学にかんしては、まったく無知だから、よく分からない。「北は真北であり、磁北ではない」というくだりには、頭のなかでチンプンがカンカンと鳴った。

 とにかく時間ごと、あるいは季節ごとに石柱群の影は、方向や長短が変わっていくのであろう。宇宙の神秘にあこがれる年頃の子供たちにとっては、かっこうの勉強の場かもしれない。

 石柱群は、河内長野市の南部の丘陵地にある赤峰市民広場の入り口にあった。広場にはかなり広いグラウンドがあり、ナイター用の照明灯も設けられていた。おとずれたとき、グラウンドの整備車がぐるぐるとまわっていたので、こまかい土ボコリが周囲に噴霧状にひろがり、目が開けていられないほどだった。

 グラウンドの奥まったところは、キャンプ場だった。鉄塔が立っている。丘陵地をおり、薄暗い竹ヤブのなかをグルリとまわろうとしたら、赤字で「マムシ注意」という立て札があった。やめた。

 グラウンドの手前から遠望した。たしかに盛りあがっている部分があり、古墳のように見えなくもない。江戸のある時期までは、仲哀天皇陵と信じられていた。

 あまり知られていないが、江戸の前期、大坂に松下見林という医師で儒者で、歴史家でもあった学者がいた。『異称日本伝』という大著が有名だそうだ。

 この松下に『前王廟陵記』という書があり、この赤峰を仲哀天皇陵の比定地とした。未読なので理由はわからないが、なんとなく私流には解釈はできる。

 日本書紀や古事記の仲哀天皇の項は、どうも作り話めいている。父親のヤマトタケルも奥さんである神功皇后も、その実在性が疑われているからだ。

 おおざっぱに言えば、九州の地におもむいた天皇は熊襲征伐に乗りだそうとするが、皇后は「財宝(たから)の国」である新羅を征討すべきだとする神託をえた。天皇は神託に従わなかったため、神の祟(たた)りで橿日宮(かしひのみや)(福岡市)で崩御してしまう。

 書紀には「斎宮(いはひのみや)を小山田邑(おやまだのむら)に造らしむ」とある。斎宮は神託を聴くための宮といった意味だが、問題は「小山田邑」である。話の流れからいったら福岡周辺の土地に比定されるが、書紀の脚注では「場所不詳」とある。

 はるか離れた赤峰が注目されるのは、市民広場一帯は小山田町という地名だからである。かつては小山田村と呼ばれた。

 もうひとつある。新羅国征討を終えた皇后は天皇の亡骸を「河内国の長野陵(ながののみささぎ)に葬(はぶ)りまつる」とある。広場から、そんなには遠くない河内長野駅ちかくには「長野町」という地名も残されている。

 かくして松下は、ここ赤峰を仲哀天皇陵と比定した。見てはいないが、国道170号の野作南交差点付近には、「仲哀天皇御廟」という石碑も立っているという。

 以上は考古学者のあいだでは、完全に否定されている。現在、仲哀天皇陵は藤井寺市の葛井寺(ふじいでら)ちかくにある岡ミサンザイ古墳が比定地となっている。

 かつて訪れたが、いやにリッパな前方後円墳であった。考古学者、森浩一の『天皇陵古墳への招待』の中の天皇陵についての真偽の一覧表でも、「付近に可能性がある古墳があり、検討すべきである」と書かれていた。

 広場を出ると、マンションなどにまじってサナトリウムやお年寄りの介護施設などが建ちならんでいる。丘陵地のため、陽がよくあたり、クルマの通行量もそんなに多くはない。

 「神社前」というバス停でおりたのだが、どこにも神社らしきものはなかった。バス停からだいぶ離れた施設のビルとビルとの間に、ようやく参道らしきものを見つけた。

 住吉神社とあった。また類推がはたらいた。参道を100メートルほど行くと、ややこぶりな社殿が建っていた。祭神はやはり神功皇后だった。「神功皇后御征韓」を祝うための馬駆神事が古くから行われている、とあった。

 夫の陵とされた場所の、すぐそばに鎮座しているのは、たんなる偶然なのだろうか。

 松下もこの神社を訪れたはずである。天をあおぎ、干支などにもとづく、方位学の知識をはたらかせ、木々のなかに分け入り、こんもりと盛りあがった古墳らしきものに気がついた。

 「ワレ、仲哀陵を発見せり」と快哉(かいさい)を叫んだと想像したい。(福島敏雄)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131208-00000525-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
トラックバック

http://gurume0820.blog.fc2.com/tb.php/157-aedf93ff

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © スポーツニュース情報サイト All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。