比較サイト <金井東裏遺跡>骨の「小札」国内初出土…よろいの装飾品か - スポーツニュース情報サイト

<金井東裏遺跡>骨の「小札」国内初出土…よろいの装飾品か - スポーツニュース情報サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<金井東裏遺跡>骨の「小札」国内初出土…よろいの装飾品か

 6世紀初頭(古墳時代後期)の火山灰の地層から、よろいを身に着けた男性の人骨が発掘された群馬県渋川市の金井東裏(かないひがしうら)遺跡で、新たに動物の骨を短冊状にした「小札(こざね)」が見つかったと県埋蔵文化財調査事業団が20日発表した。よろいの装飾品として使っていた可能性があり、骨製の小札は韓国で4世紀の遺跡から出土しているが、国内では初めてという。

 同事業団などによると、小札は1枚が縦6.6センチ、横約3センチで厚さは約3ミリ。1段あたり十数枚を3段につなぎ合わせた状態だった。よろいを着けた人骨から約1メートル離れた、別の鉄製よろいの内部から発見された。鉄で作られた小札の出土例は多いが、骨製は初めて。穴の開け方などの特徴から、朝鮮半島から技術が伝わり、日本で作られた可能性があるという。

 事業団の右島和夫・調査検討委員長は「材質や白色で目立つことから、防具というより視覚的なアピールを意識していたとも考えられる」と話している。【角田直哉】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131220-00000104-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
トラックバック

http://gurume0820.blog.fc2.com/tb.php/204-0537b4ae

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © スポーツニュース情報サイト All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。