比較サイト 福島首長選で続いた現職落選、相馬は止めて4選 - スポーツニュース情報サイト

福島首長選で続いた現職落選、相馬は止めて4選 - スポーツニュース情報サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島首長選で続いた現職落選、相馬は止めて4選

 現新一騎打ちとなった福島県相馬市長選は22日に投開票され、現職の立谷秀清氏(62)が4選を果たした。

 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故で約14万人の避難が続く福島県では今年、首長選で現職の落選が相次いでいたが、最後となった相馬市長選は、僅差ながら、この流れを断ち切る形となった。

 福島県では今年、現職が出馬し選挙戦になった首長選がこれまでに9件あり、7件で現職が落選。うち4件は郡山、いわき、福島、二本松の各市長選で、背景には、除染など復興の現状に対する住民の不満があったとみられる。

 福島県海側の「浜通り地方」北部の相馬市は、震災の津波で458人が死亡したが、放射線量は同地方の市町村の中では低い方。選挙戦で立谷氏は、県内で最も早く災害公営住宅を完成に導いた手腕など、実績を強調し、新人で前市議の荒川五郎氏(65)は「閉塞感を打破する」と市政刷新を訴えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131222-00000554-yom-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
トラックバック

http://gurume0820.blog.fc2.com/tb.php/211-f4e9d321

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © スポーツニュース情報サイト All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。