比較サイト A群溶血性レンサ球菌咽頭炎が流行の兆し−5週連続増、一部地域で警報値超 - スポーツニュース情報サイト

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎が流行の兆し−5週連続増、一部地域で警報値超 - スポーツニュース情報サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎が流行の兆し−5週連続増、一部地域で警報値超

 主に小児が感染するA群溶血性レンサ球菌咽頭炎が流行の兆しを見せている。患者報告数は5週連続で増加し、山形県や福岡県などの一部地域で警報基準値を超過。都市部を中心に報告数が多い福岡県は「症状は突然の発熱、のどの腫れと痛み、全身倦怠感などによって始まり、吐くこともある」とし、早めに医療機関で受診することを勧めている。【新井哉】

 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は、レンサ球菌が引き起こす感染症で、主に小児の間で発生し、冬季や夏から初夏にかけて流行する傾向がある。鼻汁や唾液中の菌の飛散などで感染し、家庭や教育施設での集団感染が多い。予防法は、患者との接触を避けるほか、うがいや手洗いなどが有効とされている。

 国立感染症研究所がまとめた12月9—15日の1週間の全国患者報告数(小児科定点医療機関約3000か所)は、定点医療機関当たり前週比約10%増の2.28人。都道府県別では、山形が最も多く6.27人を記録。以下は新潟(4.56人)、北海道(4.47人)、福岡(3.93人)、大分(3.44人)、千葉(3.21人)、島根(3.17人)などの順だった。

 保健所別では、山形の置賜(12.67人)、新潟の新発田(9.2人)、北海道の深川(14.0人)、留萌(12.5人)、根室(9.0人)、岩見沢(8.6人)、福岡の福岡市早良区(15.0人)などで警報基準値を超過。首都圏でも報告数が増加傾向で、千葉の長生(11.0人)、船橋市(8.1人)、神奈川の秦野(7.83人)などで多かった。町田市で7.25人を記録した東京都は「定点当たりの報告数は5週連続で増加した」として警戒を強めている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131224-00000000-cbn-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック

ケノーベルからリンクのご案内(2013/12/25 08:57)

福岡市早良区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

2013-12-25 08:57 from ケノーベル エージェント

トラックバック

http://gurume0820.blog.fc2.com/tb.php/217-97b8c511

ケノーベルからリンクのご案内(2013/12/25 08:57)

福岡市早良区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

2013-12-25 08:57 | from ケノーベル エージェント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © スポーツニュース情報サイト All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。