比較サイト 迎春準備…600キロしめ縄、クレーンで鳥居へ - スポーツニュース情報サイト

迎春準備…600キロしめ縄、クレーンで鳥居へ - スポーツニュース情報サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迎春準備…600キロしめ縄、クレーンで鳥居へ

 北海道愛別町の愛別神社で30日、重さ約600キロの特大しめ縄が、鳥居に取り付けられた。

 町民有志で作る「愛別神社しめ縄会」(松浦哲会長)が10日がかりで作ったもので、長さは約8メートル、中心部の周囲は約2メートル50という大きさ。クレーンを使って高さ約8メートルまで持ち上げ、鎖で鳥居につり下げられた。

 同神社によると、しめ縄は1965年から作っているが、75年頃から徐々に大きくなり、現在の大きさになったという。増田千秋宮司(72)は「立派なしめ縄が無事に取り付けられ、新年の準備が整った。多くの参拝客に来てもらいたい」と話していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131231-00000262-yom-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
トラックバック

http://gurume0820.blog.fc2.com/tb.php/250-25bc6748

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © スポーツニュース情報サイト All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。