比較サイト 農薬マラチオン 専門家「命にかかわる量ではない」、慌てず医療機関へ - スポーツニュース情報サイト

農薬マラチオン 専門家「命にかかわる量ではない」、慌てず医療機関へ - スポーツニュース情報サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農薬マラチオン 専門家「命にかかわる量ではない」、慌てず医療機関へ

 冷凍食品から農薬「マラチオン」が検出された問題は、嘔吐(おうと)や下痢の被害申告が相次ぎ、消費者の間で不安が広がる。専門家は「命にかかわる量ではない」と指摘し、異変が起きた場合には慌てずに医療機関で受診することを勧める。

 マラチオンは害虫を駆除する有機リン系の農薬。人の体内では代謝されやすく毒性は低いとされるが、今回は冷凍コロッケから国が定めた残留農薬基準値の150万倍にあたる1万5千ppmのマラチオンが検出された。子供は「8分の1個」を食べただけで健康被害が出る危険性がある。

 「日本の残留農薬基準はかなり厳しく設定されており、150万倍といっても命にかかわる量ではない」。矢野俊博・石川県立大教授(食品管理学)はこう説明し、消費者に慌てずに対応するよう勧める。

 農薬を口にした場合に吸収量を減らせば健康被害の程度を抑えられるといい、「医療機関で治療をうけてもらいたいが、すぐに嘔吐して体外に農薬を出すことが大事だ」と指摘する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140107-00000511-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
トラックバック

http://gurume0820.blog.fc2.com/tb.php/272-9ef11c43

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © スポーツニュース情報サイト All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。