比較サイト 四日市工場爆発 犠牲の豊田さん、特許出願のアイデアマン 「戦友」失った副工場長が涙 - スポーツニュース情報サイト

四日市工場爆発 犠牲の豊田さん、特許出願のアイデアマン 「戦友」失った副工場長が涙 - スポーツニュース情報サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四日市工場爆発 犠牲の豊田さん、特許出願のアイデアマン 「戦友」失った副工場長が涙

 犠牲になった豊田裕久さん(48)は平成20年に、事故原因の可能性が浮上している多結晶シリコンの製造工程で発生するクロロシランの除去方法について、同僚とともに特許取得を出願するなど職場のアイデアマンだった。

 今春には入社30年目を迎え、管理職として多くの後輩社員を牽引。若いころから、職場環境や工場内設備についての改善要望を出すなど、仕事に対する情熱は人一倍で、近年は工場内や米国での新プラントの立ち上げに関わるなど、工場の要として活躍していた。

 家族ぐるみの付き合いだったという遠藤俊秀副工場長は「彼ほど丁寧に仕事をする人はいない。私の戦友のような人。残された家族に本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです」と涙ぐんだ。

 5人の遺体が安置された三重県警四日市南署には9日夕、家族とみられる15人ほどが憔悴(しょうすい)した様子で訪れた。女性の1人は涙を流し「どうして、なんで…」と崩れそうになるのを、両脇から支えられていた。小さい子供を抱く別の女性の姿もあった。

 けがをした社員らは県内6カ所の病院に分散して搬送された。四日市市の県立総合医療センターは午後2時20分ごろに事故の一報を受け、医師2人を現場に派遣。被害者の治療の優先順位を決めるトリアージを行い応急処置をしたという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140110-00000509-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
トラックバック

http://gurume0820.blog.fc2.com/tb.php/281-9e4dcc5b

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © スポーツニュース情報サイト All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。