比較サイト 錦織、世界ランキング「トップ10入り」も・・・「カラダを酷使する打法」を危惧=中国メディア - スポーツニュース情報サイト

錦織、世界ランキング「トップ10入り」も・・・「カラダを酷使する打法」を危惧=中国メディア - スポーツニュース情報サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錦織、世界ランキング「トップ10入り」も・・・「カラダを酷使する打法」を危惧=中国メディア

 男子テニスのマドリード・オープンは11日、マドリードで決勝が行われ、錦織圭が世界ランキング1位のラファエル・ナダル(スペイン)と対戦し、1セットを先取するも腰の痛みにより途中棄権して準優勝に終わった。中国メディア・新浪網は錦織の活躍を賞賛する一方で、「身体を酷使するその打法は、彼の選手生命を短くする可能性がある」と伝えた。

 記事は、錦織が4大大会(グランドスラム)に次ぐ高いレベルであるマスターズ1000大会の決勝にアジアの男性選手として初めて進出したことを紹介。そして、ナダルを相手にまったくひるむことなく6−2で第1セットを先取、第2セットも中盤までリードし、完全に受け身だったナダルは「ほぼなすすべなし」の状態だったと伝えた。

 しかし、錦織に突然襲った腰痛が試合のターニングポイントとなり、第2セットを4−6と逆転で落とすと、第3セットに0−3となったところで試合を棄権したとした。

 記事は、男子マスターズ大会優勝というアジアテニス界の新たな1ページを切り開くことはできなかったものの、今大会で錦織は多くの栄誉を獲得したと解説。日本人として初めて、アジア人選手でも2004年以来の世界ランクトップ10入りを果たしたことを紹介した。

 その一方、今年参戦した9大会中3大会で故障により途中棄権したことにも注目。「錦織のサーブ、フォア、バックは実に強力だが、身体には極めて大きなダメージとなっている。選手生命を長くしたいのであれば、調整すべきところがないかをじっくりと検討し、今後の対策を考えなければならないだろう」とも分析した。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:(C) D D /123RF.COM。写真は、2011年4月スペインのバルセロナで開催されたバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル2011)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140513-00000026-scn-spo
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
トラックバック

http://gurume0820.blog.fc2.com/tb.php/404-5150fe49

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © スポーツニュース情報サイト All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。