比較サイト 四国など太平洋側大雨に警戒=台風27号北上、前線も東へ—28号は小笠原接近 - スポーツニュース情報サイト

四国など太平洋側大雨に警戒=台風27号北上、前線も東へ—28号は小笠原接近 - スポーツニュース情報サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国など太平洋側大雨に警戒=台風27号北上、前線も東へ—28号は小笠原接近

 台風27号は25日午前、九州の南方海上から四国南方へ向かった。強い勢力ではなくなったが、沖縄・奄美の大半が依然強風域にある。九州南部から四国の太平洋沿岸に延びる前線が活発に活動し、四国を中心に激しい雨が降った。高知県では24時間雨量が400ミリを超えた所がある。
 気象庁は四国と近畿では25日夜まで、東海や関東の太平洋側、伊豆諸島では25日夜から26日に非常に激しい雨が降るとして、土砂災害や低地の浸水、河川の氾濫に警戒を呼び掛けている。台風接近時は暴風や高波に厳重な警戒が必要。
 27号は速度を上げて26日に伊豆諸島近海へ進み、27日午前までに日本の東で温帯低気圧に変わる。前線は25日夜には関東沿岸や伊豆諸島付近まで延びる見込み。
 一方、猛烈な台風28号は25日は小笠原諸島に接近してから日本のはるか東へ進み、28日未明までに温帯低気圧になる見通し。
 26日午前6時までの24時間雨量は、四国と伊豆諸島250ミリ、関東甲信200ミリ、東海180ミリ、北陸150ミリ、近畿120ミリ、九州南部・奄美と中国100ミリ。その後も東日本で雨量が増える恐れがある。
 26日にかけての最大瞬間風速は沖縄・奄美と伊豆諸島35メートル、九州と四国、近畿30メートル。波の高さは沖縄と伊豆諸島8メートル、奄美7メートル、九州南部と関東6メートルで大しけが続く。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131025-00000019-jij-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
トラックバック

http://gurume0820.blog.fc2.com/tb.php/62-465c0df4

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © スポーツニュース情報サイト All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。