比較サイト 阪急阪神の料理偽装 納入業者「霧島ポーク」一度も入手できず - スポーツニュース情報サイト

阪急阪神の料理偽装 納入業者「霧島ポーク」一度も入手できず - スポーツニュース情報サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪急阪神の料理偽装 納入業者「霧島ポーク」一度も入手できず

 阪急阪神ホテルズ(大阪市)系列のレストランでメニューと異なる食材が使われていた問題で、新阪急ホテル(同)に「霧島ポーク」と偽って他県産の豚肉を納入していた大阪市の食肉業者が25日、産経新聞の取材に応じ「流通量が少なくて入手できず、同品質の国産豚なら問題ないと思って納品した」と釈明した。

 業者の豚肉が使われたのは、同ホテルの中華料理店が提供していた「霧島ポークの上海式醤油(しょうゆ)煮込み」。業者によると、ホテルが求めた霧島産豚とは九州南部の一部地域で飼育されている豚で、市場にもあまり出回っていない。このためメニューができた昨年9月から神戸産の豚肉で代用。霧島産は一度も入手できなかったという。

 業者は「(市場の実情を知らない)ホテル側の注文に全部は応えられない。うちは品質には自信を持っていたから注文に見合う肉を提供した。不当な利益は得ていない」と話す。

 一方で、ホテル側に神戸産だと申告しなかったことについては「霧島産が入手できなければ、取引先を他社に切り替えられてしまうという不安も脳裏をよぎった」と打ち明けた。

 ホテルとは40年来のつきあいだが、これまでも他社との価格競争に敗れ、取引を打ち切られた時期があったという。業者は「品質には問題がないからいいだろうと思い、そのまま納品してしまった。偽装するつもりはなかった」と弁明した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131026-00000541-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
トラックバック

http://gurume0820.blog.fc2.com/tb.php/65-82b765d7

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © スポーツニュース情報サイト All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。