比較サイト <婚外子>最高裁違憲判断に議員が反発ってどういうこと?/「三権分立」で批判も - スポーツニュース情報サイト

<婚外子>最高裁違憲判断に議員が反発ってどういうこと?/「三権分立」で批判も - スポーツニュース情報サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<婚外子>最高裁違憲判断に議員が反発ってどういうこと?/「三権分立」で批判も

 いわゆる「婚外子」の遺産相続を「嫡出子」と同等にする民法の改正案をめぐって、与党内の了承手続きがようやく進み始めました。手続きが遅れていたのは、自民党の保守派議員が改正案に強く反対していたからです。ただ婚外子の相続格差については最高裁がすでに9月に違憲とする判決を出しています。司法判断に反対してきた保守派議員の動きはどのように見ればよいのでしょうか?

 日本の民法には、死亡した人に嫡出子と婚外子の両方がいた場合、婚外子の相続分は嫡出子の半分になるという規定があります。日本ではあらゆる局面で事実婚よりも法律婚が優先されてきましたから、従来の司法判断では婚外子の相続格差は合憲となっていました。しかし9月の判決ではこれを違憲とし、相続に格差があってはならないと判断されたわけです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131107-00000006-wordleaf-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
トラックバック

http://gurume0820.blog.fc2.com/tb.php/82-04eed788

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © スポーツニュース情報サイト All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。